ホーム>ブログ>

ブログ

スペイン瓦の穴あけ用ドリルの話(スペイン瓦・フランス瓦・輸入瓦)

以前からよく聞かれる質問がありましたのでご紹介させていただきます。それは瓦などに穴をあけるためのドリルの刃先のお話です。

スペイン瓦やフランスの瓦は任意に穴をあける作業が出てきます。そのときに刃先が熱を持ち焼けてしまいすぐに使えなくなることがあり、消耗品としては高いものがつきます。そこで弊社が過去に色々使用した中で良いと思うものがございます。

若井産業さまの瓦ドリルです。日本の瓦には試したことはありませんが、弊社のスペイン瓦とは相性が良いみたいですのでお勧め致します。

お試しいただいてもっと耐久性があり価格も安いものがありましたら皆様お教えいただければ幸いで御座います。

若井産業さんのサイトはこちらです→https://www.wakaisangyo.co.jp/products/

ちなみに弊社では4mmを使用しています。

スペイン瓦には若井産業の瓦ドリル4mm

断熱塗料「ガイナ」が省エネ大賞審査委員会特別賞受賞

2018年、朗報です。弊社が扱う株式会社日進産業の断熱塗料「ガイナ」が省エネ大賞の特別賞を受賞いたしました。私たちはガイナの正規認定施工店として埼玉県蓮田市を中心に県北東部で活動していますが、とても嬉しい受賞です。これも全国で活躍する約250社以上の認定施工店さんの努力の結果かと思います。また開発メーカーの日進産業様に感謝いたしております。これを励みにガイナの良さを埼玉県の皆様に知っていただくべく頑張っていきたいと思います。

省エネ大賞受賞者一覧はこちら→https://www.eccj.or.jp/bigaward/winner17/pdf/e2.pdf

断熱塗料ガイナはこちら→http://www.casacli.co.jp/contents/gaina/

断熱塗料ガイナは国産ロケット技術
断熱塗料ガイナ

 

 

日本で初めての西洋瓦のお話 フランス瓦の家

日本で初めての西洋瓦の話です。

生家がパン屋さんを営んでいるアルフレッド・ジェラールはフランス北東部のランス生まれ。明治初期、二十歳の時に来日し横浜で洋風建築用としてフランス型の瓦の製造を開始しました。

これがジェラール瓦(フランス瓦)のスタートでした。その跡地は皆さんがよくご存知の横浜市中央区元町の「元町公園」です。その敷地内にその瓦のサンプルとジェラール瓦と書かれたプレートがガラス板で保護されています。今で言う日本のF型瓦からそのデザインを感じます。そもそもF型とはフランスを意味していたに違い有りませんねshine

日本初のフランス瓦
 
 
 
 
フランス瓦生みの親アルフレッドジェラール
 
 
 
2018116111054.jpg