ホーム>ブログ>

ブログ

バレル(カナル)瓦の施工「スペイン瓦(スパニッシュ瓦)・フランス瓦・輸入瓦」

昨日は東京都世田谷区代田にてバレル瓦(カナル瓦)を施工させて頂きましたsun幸いにお天気も良く比較的暖かい1日で助かりました。

今回の瓦は一般的に日本ではスパニッシュ瓦、スペインではクルバ(曲線)、フランスではカナル(運河)、アメリカではバレル(樽)という意味を含んでそう呼ばれています。今回はフランス製のカナル瓦のペイサージュ色です。この瓦は上下交互に重なりあう葺き方で経験が問われます。

元々この形がヨーロッパの伝統的な瓦の形でその後上下が一体のなったいわゆるS瓦が出来たそうですsign01

瓦の形は1種類だけで、平部、袖部、棟部も全てこの形で仕上げられます。S瓦と違い軒先には鳥などが巣を作らないように、また美観も含めシックイを詰めなくてはなりません、これがまた大変な作業です。粘り強く頑張ってくれた職人さんに感謝ですhappy01

フランス瓦のカナル
フランス瓦カナル施工中
フランス瓦カナル施工完成

 

埼玉県熊谷市の無添加住宅様(スペイン・スパニッシュ瓦・天然素材)

今週、埼玉県熊谷市の無添加住宅(サカエプラス)様にお伺いしました。皆様に少しでもこの快適な住空間を体感していただければと私も来年早々にオープンされる展示場に特別に訪問させて頂きました。屋根はオリジナルの天然石スレート、外壁、内装もこだわりの天然シックイ壁、木部にいたっては全て天然の柿シブで仕上げられたもの。驚きは接着剤ですら米のりです!!またデザイン性の高いこれもオリジナルの天然石灰石のタイルがアクセントをつけます。和室の天井も雰囲気のある自然素材で化粧され、見事に住む人のために特化した家造りでした。建築業界人の私が久しぶりに感動したこの建物でした。来年1月13、14、20、21日の各土日に一般公開されます。開催場所は埼玉県熊谷市宮町2-36-7です。訪問させていただき責任者の長谷川様とお話させて頂き思いました。一言で言うなら日本の住宅は日本の気候を熟知したその地域の住宅会社で。その地域のそのスタッフさんとその職人さんが造る家が一番だと。無添加住宅様サイトはこちら→https://www.mutenka-s.jp/

熊谷市の無添加住宅様モデルハウス

外観

熊谷市の無添加住宅様内装の石灰岩

天然石灰石

熊谷市の無添加住宅様モデルハウス内装の天然シックイ壁

天然シックイと柿シブ木部