ホーム>ブログ>屋根・外壁塗装>
屋根・外壁塗装

この屋根の塗装は大変でしたが全力を出し切りました(屋根・外壁塗装)

さいたま市浦和区のF様邸の屋根塗装がようやく終わりました。10月19日から始まりましたが2度の台風の影響で作業が進みませんでしたがようやく昨日、足場を解体することができてホッとしていますsweat01この屋根材「ニューランバード」は10年以上前に廃盤になっており、割れると差し替えができません。しかし毛細管現象の雨漏りを防ぐため「タスペーサー」を入れなくてはなりません。悩んだあげくタスペーサーを2500個入れました。死ぬかと思いました、普通の一般住宅の5倍は入れました。

屋根は慎重に歩き、踏み割れを起こさないよう細心のの注意で施工しました。職人さんも辛かった事でしょう、ご苦労様でしたspa

更に大変だったのが屋根材に深いタテ目地があるためいつものローラーでは隙間に塗料が入らないためエアーガンで目地1本、1本吹付けました。しかしやれることは全てやりぬいた為、気分は爽快ですscissors お客様のご理解をはじめ、私の要求通りに辛抱強く作業してくれた職人さんに心から感謝いたしますup

(株)クラスプラスの職人さん下塗り作業中
(株)クラスプラスはタスペーサーもしっかり入れます
(株)クラスプラスの職人さんが目地を塗りつぶす
(株)クラスプラスの職人さんが仕上げ塗りの最中

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.casacli.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/49