ホーム>

ブログ

屋根塗装時の注意点です   (屋根・外壁塗装)

近年屋根の塗り替えでは主に屋根材としてコロニアル材(写真の屋根材)が主流です。

この屋根材には必ずタスペーサーという野球のホームベースに似た形の縁切り材を使います。

新築時には屋根材の重なりに少し隙間があるため雨や水が浸入してもそこから排出できるのでOKなのです。

しかし塗装してしまうとその隙間が塗料でふさがれて雨や湿気(結露等)が中に残り屋根の下地を傷めます。

そのために差し込むのがタスペーサーというものです。

昔はそのすきまを皮スキやカッターナイフで無理やり塗料膜を切ったりしていましたがそれにより屋根材が傷ついたり破損したりします。これから塗装をお考えのお客様は必ず見積書で入っているかチェックしてください。

(株)クラスプラスの屋根塗装中

(株)クラスプラスの屋根塗装中タスペーサー挿入

断熱塗料ガイナ施工中  (ガイナ塗装)

真夏の暑さに備えて今日から金属屋根に断熱塗料「ガイナ」を施工しています。

今回はガイナの能力を最大限に引き出すため白色です。サングラスしていないと眩しくて目が変になりそうです。

さすがに本物のセラミックが入ったガイナは違います。

(株)クラスプラスはガイナ認定施工店
(株)クラスプラスのガイナ塗料施工風景

 

 

ホームページをリニューアルしました。

平素はカサ・デ・クリニックをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
このたびホームページをリニューアルしました。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

トップページ